【棚橋弘至】チャラン・ポ・ランタンの新MVに出演!「愛してま~す!」などの決め台詞や必殺技炸裂!?

はたらく女子応援企画「テンプスタッフ×チャラン・ポ・ランタン第二弾」として、ミュージックビデオ(以下、MV)「いっくよー!with棚橋弘至(新日本プロレス)」を公開されました。

■プロレスラーの棚橋弘至氏と「チャラン・ポ・ランタン」がはたらく女子の敵を撃退!

パーソルテンプスタッフは、すべてのはたらく意欲のある女子に寄り添い支援したいという思いを込めて、はたらく女子への応援企画を実施しています。2017年10月には企画第一弾として、「チャラン・ポ・ランタン」とのコラボレーションにより、はたらく女子への応援ソング「いっくよー!」をリリースしました。第二弾となる本企画では、強力な助っ人として、新日本プロレス所属のプロレスラー 棚橋弘至氏をお迎えし、はたらく女子の敵を得意の必殺技で倒していくコミカルなストーリーが特徴のMVを制作しました。ちょっと疲れた時や忙しい時などに思わずくすっと笑いがこぼれ、また頑張ろう!と思える動画です。

パーソルテンプスタッフでは今回のコラボレーションの他にも、株式会社ストライプインターナショナルが展開するファッションレンタルの「メチャカリ」と提携し、就業スタッフ限定の特典を用意するなど、はたらく女性の支援に力を入れています。

■はたらく女子応援企画「テンプスタッフ×チャラン・ポ・ランタン第二弾」について

特設サイトでは、「チャラン・ポ・ランタン」による書き下ろしの楽曲「いっくよー!」の新MVや、棚橋氏との対談ムービー、スマホのカメラを使って毎日の運勢を占うおみくじ(「ポみくじ」)など、はたらく女子に元気を与えるコンテンツを展開しています。

▼特設サイト URL

https://www.tempstaff.co.jp/kmenu102/campaign/

 

■ムービーストーリー:

「いっくよー! with棚橋弘至(新日本プロレス)」

 

■インタビュー動画:

棚橋氏とチャラン・ポ・ランタンの出会いとは?「インストアイベントにあった“棚橋等身大パネル”がきっかけ」

 

棚橋 「最初に、(チャラン・ポ・ランタンが)渋谷のCDショップ[西尾 勇輝1] でインストアイベントをやって、そこ(店内)にたまたまあった“棚橋等身大パネル”を、持ってきていじってもらって…」

もも 「それが2年前くらい。本当にたまたま(“棚橋等身大パネル”が)目に入ったので、(ももと小春の間の)真ん中に置いて『チャラン・“ポ”・ランタンだー!これからこの3人をよろしく!』みたいな、ふざけて言って(笑)その様子をお客さんたちが撮ってツイッターで棚橋さんに送って、それで(棚橋さんと)ツイッターで知り合ったのがきっかけ。」

小春 「今でも棚橋さんから連絡がきた時のことを、[西尾 勇輝2] 覚えてて、『ファッ?!』ってコメントがきて。(とっさに)『ごめんなさい、ごめんなさい』って言った気がする(笑)。」

もも 「今回、チャラン・ポ・ランタンとして、“ポ様”が入って…」

棚橋 「今が完全体です!」

もも 「今日やっと、チャラン・ポ・ランタンになれた…本当に(今回の仕事ができて)嬉しかったです。楽しい一日でした。」

 

今回のMVについて 「さまざまな敵に立ち向かいながらはたらくことは、諦めずに立ち上がる、プロレスとリンクしている」

 

もも 「いろいろあったけど、やっぱり、闘うところじゃないですかね。私飛んでますしね。リハなしで一発本番でやったんで、初めて飛んでみて気持ち良かったなぁと…!」

小春 「私たちも本気で挑んだんですよ。だから本当に、明日の筋肉痛が今からとてつもなく心配なんですけど…。私たち以上に敵の方々も本気だったので、これは『負けてられないな』と、『(私たちが敵に)負けた映像ができちゃったら困るな』と…。」

棚橋 「プロレスの醍醐味の一つに、やられても諦めずに立ち上がっていくっていうところがあって、今回、そういったところと“応援”というテーマがリンクして、見ているうちにやる気がわいてくる作品になったんじゃないかと思うんです。[西尾 勇輝3] (今回のMVを見たら)一本映画を観終わったような(感覚になるくらい)、(内容に)起承転結があるんじゃないかなと、(仕上がりを)楽しみにしてます。」

もも 「うん、それが言いたかった。」

小春 「うそ~~(笑)」

 

 

はたらく女子の敵について 棚橋「僕は生まれてから疲れたことがないので!」

 

もも 「女子なんで“肌荒れ”とか…」

小春 「急に女子みたいなことを(笑)。」

棚橋 「僕はどれも平気なんですけど…肌もすべすべだし。“人間関係”(については)、僕第一印象が一番いいんですよ、あと下がっていくだけなんですけど(笑)。 [西尾 勇輝4] “無茶振り”は、プロレスだと臨機応変にやらなければならないので。“残業”(については)、僕生まれてから疲れたことがないので!へっちゃらなんで!ただ、すべてのストレスの原因はやっぱり、“人間関係”が[西尾 勇輝5] 強いのかなと。はたらく女性の中でも、上司、同僚…人間関係をスムーズにすることが一番大事なんじゃないかなと…。」

もも 「間違いない…小春ちゃん、頑張っていこう!」

小春 「(自分は)この4つすべてに該当するなぁと思ってたのに、『ない』という人が隣にいて動揺です。」

 

はたらく女子への応援メッセージ

 

棚橋 「この曲は本当に元気が出るので、朝仕事に行く前とかに聴いて、気分を上げてほしいですね。人間、人に応援されたり期待されたりするだけで、喜びなんですよ。僕ら(プロレスラー)も、声援を受けて立ち上がれたりするので、人からの期待を仕事のエネルギーに変えて、これからも頑張ってください。皆さん応援してます!」

小春 「なんかいい話聞けたなぁ…」

棚橋 「また本書けるね…!では最後に、はたらく女子の皆さん…」

全員 「愛してま~す!」

 

関連記事






PAGE TOP