箱根駅伝を振り返る、新CM放映決定~ガンダムでお馴染み!安彦良和氏による自身初の描き下ろし~

サッポロビール株式会社により、2019年1月2日(水)・3日(木)に日本テレビ系列で放送される、第95回東京箱根間往復大学駅伝競走で、「第95回箱根駅伝用オリジナルCM」年始特別バージョン『第95回箱根駅伝 箱根駅伝のその先へ』が放送されます。CM公開に先駆けて、2018年12月26日(水)よりCMに登場する大迫傑選手・設楽悠太選手のインタビュー映像と、メイキング映像を公開します。

本CMでは、今年、マラソンの日本記録を立て続けに更新した2人の箱根駅伝OB、大迫傑選手・設楽悠太選手を起用。大学を卒業した後も挑戦し続ける彼らにとって、箱根駅伝とはなんだったのか─。実際に取材して伺った話をもとにナレーションを構成し、陸上、箱根駅伝に対する思いを紐解いた内容となっています。

CMの楽曲には、BUMP OF CHICKENの「ロストマン」を採用し、大迫選手・設楽選手の過去シーンは「機動戦士ガンダム」を生み出したアニメーター・安彦良和氏が線画で描き下ろしています。安彦氏が手がけるCM作品は自身初。

CMの公開を記念し、CM場面カット画像を公開するほか、アニメーションを手掛けた安彦氏のテキストインタビューも公開いたします。

<CM「第95回箱根駅伝 箱根駅伝のその先へ」メイキング動画 YouTube URL

■第95回箱根駅伝 スペシャルインタビュー 大迫 傑(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)

■第95回箱根駅伝 スペシャルインタビュー 設楽 悠太(Honda)

■監督・安彦 良和氏 特別インタビュー・プロフィール

──駅伝のイメージ、魅力を教えてください。

走るって孤独なイメージですよね。マラソンが特にそうで。それはそれでドラマ性がある。

でも駅伝はチームスポーツだから 「熱い」。そして時に残酷。その辺に魅せられるのかな・・・

──CMで特に見てほしいポイントを教えてください。

「走り」って、アニメーションでは基本だけど実はとてもムズかしいんですよ。「レベルが高いアニメは走りが

いい」と言ってもいいくらい。だから老体にムチ打ってそれに挑戦してみました。実写がベースになって

いるところはちょっと勉強になりました。なるべく「アタリ」なんかも入れて。いい経験させて貰いました。

──安彦先生が思う今回の箱根駅伝の見どころを教えてください。

やはり青山学院大学の連覇が止まるかってことかな。青山学院大学には悪いけどそろそろどこかが止めて欲しいな。その方が面白い。やっぱり一校だけ強いのはどうもな。

──全国の箱根駅伝ファンに一言お願いします。

現役時代にも一度もやらなかったCM を今回やってしまいました。(「やらない」って決めていたんですよ。じつは。)それが何故っていえばやはり「あの“箱根駅伝”で、正月に全国に流れる」っていうことの魅力かな。それと、幸いちょっと時間があったこと。「線画でいく」っていわれたこと。『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』というアニメをやったことで気持ちがちょっとアニメに帰って来ていて、家に用紙とかが一揃いあったこと・・・そんなことがいろいろ重なりました。やって良かったと思います。実写の大迫君や設楽君が格好いいですがアニメも邪魔していないと思います。お楽しみ下さい。

<安彦 良和(やすひこ よしかず)>

1947年生まれ、北海道紋別郡遠軽町出身。漫画家、アニメーション監督。アニメーター時代に「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザインおよび作画監督を務める。のち漫画家に転身。主な漫画作品に『ナムジ』『虹色のトロツキー』『王道の狗』『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』など。

2015年〜2018年製作公開 のOVAシリーズ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』では総監督を務め、約25年ぶりにアニメの現場に復帰した。

関連記事






PAGE TOP